◆ 2015年1月  新年を迎え、箱根駅伝に酔う

千葉 正広

明けましておめでとうございます。
今年の3が日は低気圧が大陸から東に進み、日本は冬型配置となり元旦は風の強い日となりました。
そんなわけで元旦恒例の早朝散歩はお休み、初詣は午後行きました。家から20分ほどにある八幡神社です。
多くの参拝客が風の強い中で、長い行列をつくっていました。
列に並び、今年も無病息災、平和と繁栄を願い、今生きていることに感謝しながらお祈りをしてまいりました。

2日にはお城山で、恒例になっている兄弟の新年会をやりました。
いくつになっても誰も自分の年を自覚していなくて、毎年盛り上がります。
今年は特に、箱根駅伝で盛り上がりました。
優勝候補でない青山学院が往路・復路を制し箱根を完全制覇しました。
1番びっくりしたのは、山登りの5区で驚異的な走りでトップになった神野大地選手が記録を塗り替えたことです。
ここは「山の神」といわれた今井正人選手、「新山の神」といわれた柏原竜二選手が驚異的な走りで天下に名を轟かせ名所で、この記録はしばらく破られないものと思われていました。
それが破られたのです。記録は塗り替えられたのです。
壁は乗り越えられるものなのですね。
そして話題は監督の原晋氏に及びます。
今回の箱根制覇について「半歩半歩と積み上げたことが実を結んだ」と万感の思いで語っていました。
監督は元営業マンで座右の銘は「人間万事塞翁が馬」
そして指導の信念は「人間として、男として自立させること」だそうです。
箱根駅伝に酔い、感銘を受けたお正月となりました。

1/4(日)初日の出を拝みに新舞子海岸に行きました。6時49分、真っ赤な太陽が水平線に顔を出し、燦然と海を照らし出し、素晴らしい日の出を拝むことが出来ました。同時に力強いパワー、エネルギーをもらった気分になりました。

今年も新しい目標に向かって、壁は乗り越えられるという強い信念を持って臨んでいきたいと思います。1年の最後に充実感を得る為に。
本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。
皆様が幸多き1年でありますように。
2015-12-2