◆ 2013年6月  初夏を迎えて、復興に燃える

千葉 正広

輝く陽光の下、気持ちの良い朝を迎えました。
庭の紫陽花にも強い光が入り、夏の匂いを感じさせます。
まだ梅雨は明けておりませんが、しっとりと雨に濡れた木々の緑も心に安らぎと潤いを与えてくれそうです。

昨今アベノミクスで株価乱高下の最中、恩恵を受けている人はどの位いるのでしょうか?
円安で原材料費が上がり、多くの中小企業は厳しい現実と向き合っているのではないでしょうか?
また福島原発事故を風化させる一部政治家の発言、復興省参事官の暴言ツイッターなど見過ごすことの出来ない事項で、厳しく対処しなければと思っております。
広野工業団地で構成している立地企業連絡協議会でも6/20(木)復興大臣宛に暴言ツイッターへの苦言と復興に向けての要望書を提出しました。
復興への対策速度が遅く、現状に適した対策が遅々として進んでいないように見えるからです。広野町には住民の約2割強しか戻ってきていないようです。
復興省には復興の司令塔としての機能を十分に果たしてもらいたいと願っています。

さて当社も7月から新年度に入りました。創業から数えて46期を迎えることになります。7/13~7/14にかけて新潟県ニューグリーンピア津南で新年度の経営指針発表会を行います。
プリント基板業界では老舗でありますが、社長も社員も若い会社なので、目標発表がとても楽しみです。将来を見据えて、どんどん夢を語ってもらいたいと思っています。
7/24には札幌コンベンションホールにおいて北洋銀行主催のものづくりテクノフェアが開催され、出展する予定であります。
日本のものづくりを推進するため、英知を結集し頑張っていきましょう。

7/21には参議院選挙があり、国民がどういう選択をするか、夏本番に向けて早くも暑い戦いが始まっております。
私もあきれる程、前向きに生きていこうと決めています。
「一生懸命だと知恵が出る。中途半端だと愚痴が出る。いい加減だと言い訳が出る。」誰が言ったか知りませんが、この言葉を胸に、もう一度気持ちを入れ替え努力していこうと思います。
心も体も若々しく(せめて気持ちだけでも)、着実に1歩1歩。

2013-6-12013-6-2