◆ 2015年11月  広野町狂騒曲

矢浪 裕志

 皇太子夫妻が東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電事故による復興状況視察のため、広野町に来られることになり“ふたば未来学園”までの沿道を賑やかにしようと、広野町から動員が掛けられました。めったにないことなので旗を持って見に行きたい従業員もおり、行きと帰りに分けて、希望者は許可しました。初めの組が行ったと思ったらすぐ帰ってきました。台風の影響で、1時間20分ほど遅れましたが、再度の僥倖はあっという間に通り過ぎたそうです。私は歯医者に行く時間とかぶったので、通行止めになっていたりすると困ると思っていましたが、時間がずれたので安心しました。夕方のTVの報道でゆっくり見させてもらいました。その他にいわきの“トマトランド”に行かれたそうです。約半日のコースに市町村の公務員が何人かかわったのか、特に警察官は県内から召集されたのが伺われます。過剰と思われる御きづかいでしたが何事もなく終了し、関係者の方々にはお疲れ様でしたと申し上げます。“ふたば未来学園”は復興のシンボルになっていて、名の知れた有名人が講師として訪れています。

 ダイナトロンセミナーへ行ってきました。ここ何年か調整できず行っていなかったのですが、今回は“そのまんま東またの名を東国原英夫”の講演なので聞きに行ってきました。話としては面白かったのですが、今ひとつ印象に残りませんでした。今回は東京フォーラムから品川のとあるビルに変わりました。前のところは借り賃が高かったのでしょう一等地でしたから。品川駅の裏側のすぐ前なので行くには問題がありません。

 2回目の“宅建士”試験に挑戦しましたが見事的外れになってしまいました。今回は日吉の慶応大学キャンパスでした。受験生が多く歩いているようなので場所はすぐにわかりました。2回目だったので自分なりに勉強したはずなのですが、勉強したところ以外の問題が多くあてずっぽうの回答しかできませんでした。12月の結果発表ですが、またずともダメな結果が推測されました。

 今月は孫に関する行事が2回ありました。ひとつは長男の2番目の子供すなわち次男の1歳の誕生日のお祝い。今はどこでも行われるのか、1歳の誕生日に一升餅をせおわせお祝いすること。私が親だった頃はそんなことは知らなかったので、した覚えがありません。娘の子供もそれはやったので、やらない方が普通ではなかったのでしょう。もうひとつは“しちごさん”紋付羽織を着て記念撮影、お祓い、そして祝い膳と孫の前途を祝いました。

 3年ぶりの運転免許の更新を二俣川の運転免許試験場で行ってきました。毎回違反運転者なので運転免許試験場へ行かなければなりません。優良運転手で3000円、一般運転者で3300円、私の場合は3850円。これって運転する時間が長ければ違反する確率が多くなり、全く運転しなければ当然優良運転手者になるわけで不公平だと思います。時間対違反点数を導入してほしいものです。次回更新に行くと老齢運転者の部類に回されます。微妙!ひとつ年を重ねました。ごきげんよう

2015.11-2

2015.11-1