◆ 2015年01月  インドネシアで年末

矢浪 裕志

 内外情勢調査会の全国懇談会がホテルニューオオタニで開催され、昼食をとってから日本商工会議所三村会頭 “選択する未来委員会最終資料より人口減少に関する問題”の約1時間の講演を聞きました。日商の会員は126万社あり全国の登録会社は368万社あるそうです。テーブルが40余り一つのテーブルには10人が座るようになっているので400名くらいの壮大な昼食風景でした。

 衆議院選挙が終わり、結果が出ました。選挙をしても意味がないと思われる棄権者が多数を占めました。共産党が大幅増、次世代の党が大負け、与党は盤石の結果になりました。元横浜市長の中田宏や元杉並区長の山田宏が次世代の党にいることが理解に苦しみました。与党が勝って株価が上がるのかと思ってたら下がっていました。何でなのでしょうか。

 今年最後にインドネシアに行ってきました。重要な得意先もありもっと早く行きたかったのですが、年末も押し迫って行くことにしました。インドネシアと日本のハーフの人に知り合いがいて15日で会社を辞めて、次の仕事に行く間の隙間を利用していくことにしました。真冬の日本から熱帯の国へ、行き帰りの服に苦労します。今回は得意先訪問とインドネシアの不動産事情の視察でした。基本的にムスリムの国なのですが、泊まったホテルはどこもクリスマスツリーが飾ってあり、ホテルの従業員はトナカイの髪飾りや、サンタの帽子をかぶっていました。街ゆく女性の約半数はムスリムの象徴である髪の毛を隠すイスラムのベールを着けています。最後に泊まったリゾートホテルではイスラムのベールを着けたままプールに入ってきました。着るものも水着ではなく外で着ている服のように見えました。もっとも子供のようでした。ジャカルタの不動産は新興国特有の値上がり事情があり昨年行ったマレーシアと同程度に感じられました。日本人向け賃貸だとドル建てで55平米くらい1800ドルの1年間前払い、プールと大抵フィットネスジムがついていました。

 帰ってきてから、疲れがたまったのか体調が悪く、左目に目やにがごっぽりついて日曜日に診察している眼医者に行って診てもらいました。右耳も聞こえが悪く、見てもらいたかったが診察している耳鼻咽喉科が見つからずあきらめました。おまけに喉が痛く頻繁に咳がでる、熱も少しあるようで、食もあまり進まない。家にいて寝たり起きたりの年末年始でした。

 年明けはちらりと雪が降ってきた。長くは続かず泡と消えました。2日は恒例の新年会を賑やかに開催しました。久しぶりに奄美大島から甥一家4人が参加しましたが、娘一家が体調が悪いといって来なくて残念なお祝いになりました。今年は昨年の見聞をまとめ方向性を模索したいと思っています。

 良い年にしましょう。