◆ 2012年07月  新年度に向けて

矢浪 裕志

 新緑が眩しいほどの蔵王で45期の経営指針書発表会を開催いたしました。JPCAの提携施設であるラフォーレクラブの“蔵王リゾートアンドスパ”が今回の開催場所でした。今までは那須を使うことが多かったのですが、何としても東北で開催したかったので此処になりました。本社からは遠いので東北新幹線の白石蔵王で待ち合せしました。44期を最後に代表権を譲って、今期から会長になりました。代表取締役の交代はまだまだ早いと思いましたが、この時期に交代する必然性が発生いたしました。小とはいえ代表取締役となりますと常に判断する事が望まれます。即断即決しなければ前に進まないこともあります。まだまだ未熟な新社長ですが、期待できそうに一生懸命な思いは伝わりました。何人かの方に事前に報告しましたら、まだ早いのではないかと言うことを言われました。遅すぎるよりも良かったと思っています。乞うご期待下さい。

 折角なので次の日は蔵王のお釜見学に行きましたが、生憎の小雨で周りはガスに包まれて湖面は全く見えませんでした。半そででは寒いくらいの気温で、所々雪が残っていました。休日なのに人は余り見かけませんでした。原発事故前の状況が判りませんが、ドル箱だった、中国、韓国の観光客は戻っていないと新聞にも出ていました。と言う事で今回は東北に多少なりとも貢献しました。

 翌日は仕事なので白石名物温麺(うーめん)の昼食を取って帰りました。折角の名物でしたが予定よりも遅れた為か、延びきった麺でちっとも美味しくありませんでした。

 私の長男に息子が生まれました。嫁さんは5月いっぱいまで経理の仕事をやってくれていました。歩く姿は堂々として逞しいくらいです。そのためか2800グラムで二人目の孫は元気な声で泣いています。この様な例は初めて経験しましたが、6月21日の予定日の朝に陣痛がありその日の午後に誕生しました。名は龍成(りゅうせい)字画があり凝った名です。新社長が名付け親です。日本の将来を見通すと余り楽観的には考えにくいのですが、未来を切り開いて行ってください。と切に思います。

 小学校の同期会の案内を3月11日付けで貰っていました。日付を見て何か因縁を感じてしまいました。今年は還暦同期会から4年目に当り(4年毎に開催するようです)久し振りの同期会開催年ですと書かれていました。3ヵ月後の6月16日に新宿のホテルに私は初めて参加しました。90人ほどの同期生と3人の先生が来ておられて、最年長は95歳で話は出来ましたが、足元はおぼつかないようです。1組から7組まで470人いたそうなので、1クラスは約67人になります、だとすると今の倍の人数いた事になります。だからと言って今の教育水準より遅れていたとは考えられません。むしろ其れなりの境遇を謳歌していると話を聞く限り思えました。私のクラスは1組で11人の参加でした。名札を見ない限り全く記憶がありません。身体的特徴のある人は大きい、小さいでなんとなく判ったような気がしました。皆さん良い人生を歩んでいるでいるようで満足でした。6人の女性の2人が未だ独身だと言っていましたので、勿体ない思いがこみ上げてきました。