◆ 2005年06月   新緑から初夏の頃

矢浪 裕志

 5月の23日から25日まで『道南・つがる自然めぐりの旅3日間』北海道から青森県を回ってきました。当社のメーンバンクは旧東調布信用金庫で2年程前に芝信用金庫と合併いたしました。対等合併とは云いながら資本の論理で大きい方に飲み込まれて、名前が跡形も無くなってしまいました。とはいっても支店ごとの対応ですので職員は殆ど旧東調布信金の従業員です。前置きが長くなりましたが信友会(顧客との親睦団体)の年1回の研修旅行だった訳です。羽田空港から千歳空港までは飛行機で生憎の小雨模様で思った以上に寒く薄いコートが欲しいくらいでした。昭和新山を車窓から眺めて、洞爺湖西山火口を見学して、昼食は長万部迄おわずけ。午後2時近くになっていた。いくらとうにとかにの海鮮丼、別に蟹が合ったっけ。空腹はご馳走、美味しかった。大沼公園へ寄って鹿部ロイヤルホテル泊。ここはゴルフ場のコースがあり広々として落ち着いて眺めになっており、オホーツク海も一望できました。露天風呂に入ってゆっくりゆったり出来ました。感謝!

 遅い桜、八重桜が所々残っていて、チュリップやらスイセンなども所々咲いていました。北海道では春に一斉に色んな花が咲くと聞いていました。これがそうなのか分かりませんがタンポポなどもありました。

 次の日は函館のトラピスチヌ修道院、朝市で買い物。青函トンネルを初めて電車で青森まで乗った。特急の割に時間がかかった様に思った。トンネルの中に停車駅があり、降りる事ができるようになっていた。降りたら何となく不安だろうなあ。ホタテづくしの昼食。三内丸山遺跡見学、ねぶたの里見学。鰺ヶ沢グランメール山海荘泊。日本海に面して夕日の眺めが絶景のアングルになっていた。その頃は曇りから薄日が視しており、雲の間をぬって夕日が見えたりした。露天風呂に移動してしっかり見ました。3日目は世界自然遺産の白神山地まで行かずに、ミニ白神なる訳の解らない森に案内されてブナの原生林を20分ほど散歩、その後ビシターセンターで30分の記録映画を見る事になった。それで行った気分にさせられましたが、映画そのものは迫力ある大画面で見栄えがしましたしとてもよかった。空撮場面が多く、鳥になった気分で眺めていました。というような訳で大いにリフレッシュさせてもらいました。岩木山の眺めがよく、『津軽富士』と呼ばれ青森の人たちに愛される気持ちが解ります。

 6月の1日~3日までは当業界のお祭りにあたるJPCA Showが開催されました。当社も小さなブースを出しており、お寄りいただいた方には御礼申し上げます。私は1日の初日に午後から行っておりました。3日程前から左ひざの内側に痛みを感じていて、当日行くのを中止しようか迷っていました。朝行きつけの整形外科へ寄って診てもらい。相談したら、行かない方が良いといわれたけれど、痛み止めの薬を飲み、電車で行くつもりを車にして行ってしまいました。その上夕方6時からのJPCAのレセプションにも出席してきました。ローストビーフが美味しかった。

 今回はブースにお寄り頂いた方が多く、営業からの案内を改めて出したいと思います。来年の課題も見つかりました。