◆ 2015年06月  太陽光発電の総括

矢浪 裕志

 6月を迎え太陽光発電事業も1年間が過ぎました。広野工場の稼働日は、お昼前後に出力値を見に行くことになっています。私がこちらにいれば、基本的に広野工場に来て過ごすので、土日も出力を見に行きます。5月30日も見に行ったのですが、出力値が少な過ぎ、電話で聞きながらリセットしてまた動かしました。先月も先々月も電源が落ちました、2回目です。毎月のように電源が落ちます。それでも20,697kWの発電がありました。1年間で6,211,468円稼いでくれました。予想よりもすくなかったのですが、誤差範囲でしょうか。別件も検討しましたが、売電価格が下がった価格だったので、断念しました。もう魅力のある投資ではなくなりました。国の政策も変わりました。

 国益を考えての事なのか、アジアインフラ銀行になぜ参加しないのか、出来ない理由は聞きました。でも参加国が57か国として、G7のうち4か国が参加、ASEAN然り、インド、韓国まで参加、出来ない理由はむなしく響きます。これも米国追随外交なのでしょう。大祖国戦争対ドイツ戦勝70年記念式典のドイツのTVZDFで、メルケル首相がプーチンと並んでいるのが放映されていました。ウクライナの件でEU(独仏)の交渉当事者がいることが驚きでした。安倍首相にも招待状が来ていたようですが、結局米国に気兼ねして欠席したようです。私はロシアと交渉する良いきっかけだったのではないかと思いました。安全保障関連11法案の国会審議がされていますが、どう見てもどう聞いても安倍首相がどんな詭弁を弄そうが、米国の意向に従っているとしか考えられません。亡き浜田幸一の『日本はアメリカのポチです』。と云った事が思い出されます。

 芝信用金庫の90周年記念『“世界遺産”富岡製糸場と善光寺御開帳の旅』に参加して来ました。芝信用金庫は創立以来の取引でメインバンクと我社では考えています。2年に1回の信友会にも機会が合えば参加しております。18日と19日の班はバス4台で支店毎に集まって、40人以下の団体にしてバス1台に仕上げます。武蔵小杉は武蔵新城や武蔵溝の口より圧倒的に多く25人の参加でした。2日間は雨模様の予報が出ていたので、心配していましたが朝晩に降ったようで、移動中は雨に降られることなく済みました。善光寺の御開帳に合わせて企画を合わせているようで、富岡製糸場への人も入っていました。ガイドツアーの料金一人200円取られました。昨年世界遺産に認定されたので数年は入るでしょうが、また来たいとは思いません。そこは昔劇場で見た“女工哀史嗚呼野麦峠”の世界なのでしょう。16,255坪の広大な敷地でした。

2015.6-2

2015.6-1