沿革

o 昭和37(1962)年03月
矢浪八郎が矢浪製作所を設立
プリント基板の製造を開始o 昭和40(1965)年02月
有限会社矢浪製作所に改組

o 昭和43(1968)年12月
有限会社プリント電子研究所(資本金100万円)を現在地に設立し、有限会社矢浪製作所の事業を継承

o 昭和45(1970)年04月
資本金300万円に増資

o 昭和50(1975)年09月
資本金500万円に増資

o 昭和53(1978)年08月
矢浪八郎が株式会社プリント電子総業設立資本金2000万円代表同じ

o 昭和57(1982)年09月
資本金1000万円に増資11月超大型基板の製造始める

o 昭和61(1986)年06月
株式会社プリント電子研究所に改組

o 昭和62(1987)年01月
資本金2000万円に増資

o 平成03(1991)年12月
広野工場操業開始。それに伴い宮内工場閉鎖超大型基板の生産体制整う

o 平成05(1993)年03月
資本金3500万円に増資住吉工場閉鎖11月代表取締役社長に矢浪裕志が就任

o 平成07(1995)年05月
経営指針書発表

o 平成08(1996)年05月
文部省高エネルギー物理学研究所の入札資格取得

o 平成10(1998)年04月
フォト作画製造装置を導入微細加工の製造に着手

o 平成11(1999)年06月
オフコンからパソコンLANによる生産管理へ改善

o 平成13(2001)年06月
蝕刻・印刷の製造工程広野工場へ全面移管
06月資本金1400万円に減資

o 平成15(2003)年04月
フレックスリジッドFPCの多層化着手

o 平成16(2004)年03月
中小企業創造活動促進法認定取得
07月中小企業経営革新法認定取得

o 平成17(2005)年06月
本社製造部門廃止広野工場へ集約

o 平成19(2007)年12月
神奈川県で経営革新計画の認定取得

o 平成20(2008)年10月
経営革新計画による熱プレス機の導入

o 平成23(2011)年03月
東日本大震災に寄る福島第一原子力発電所の放射性物質の拡散により広野工場4ヶ月操業停止

o 平成24(2012)年06月
グループ補助金により設備改造:改築

o 平成24(2012)年07月
代表取締役社長に矢浪興造が就任

o 平成25(2014)年05月
再生可能エネルギー(太陽光)発電事業に進出