ご挨拶 2018年04月

sacho

 4月に入り、だいぶ暖かくなってきました。新年度を迎えて、環境も新たにという人も多く、周りを見渡すと、新入社員や新入生等をみかけます。私が会社に入って、すでに8年程経っているので、大幅に環境が変わるということも少なくなってしまいましたが、この時期になると、少なからず初心に戻れるよい機会になっています。

 さて、最近では野球の大谷選手や卓球の張本選手、将棋の藤井六段等の若い人の活躍が目立ってきています。若い勢いというのはすさまじいもので、日本、世界のトップクラスをも凌駕してしまうものなのだと改めて思い知らされます。当社にも20代~30代前半の従業員も増えてきておりますが、その中で、やはり「吸収力や変化に強い」というのは感じます。これまでやってきたことがすべてベストの方法というわけではないので、今まで以上のやり方を目指すように心がけ変えていってもらうことを期待しています。

 当社の決算は6月なので、50期も後残り3か月となり、追い込みの時期を迎えています。昨年の後半あたりから、景気がよくなってきているとテレビなどでは言っておりましたが、まだまだ実感がないのが現状です。とはいえ、当社のお客様において、忙しくなってきているという話は聞くことも増えてきておりますので、今期の状況を踏まえて来期に向けた準備もしていきたいと思います。

矢浪 興造