◆ 2010年12月  初孫誕生に想う

矢浪 裕志

 横浜の自宅に帰るのにこの頃高速バスを利用する機会が多くなりました。 横須賀線と湘南新宿ライナーが武蔵小杉に新駅が出来て、東京駅まで20分と上野に比べ40分以上早くなって、30分毎に高速バスが出るので待ち時間が気にならなくなっていました。そして最も利用に値する理由は値段が安く済む事です。以前東京から大阪までの夜行高速バスを利用した事がありましたが、これは頂けません。何といっても狭くきつい、良く寝むれません。快適なリクライニングシートだったら寝なが移動できるので一挙両得になるでしょうが。その分利用者が多く隣に同乗者がいるということです。いわき、東京間だとまず隣に乗客はいないケースが殆どです。ゆったりと乗れますが、文書などを読みすぎると頭が痛くなったり、気持ちが悪くなったりしますのでなるべく寝るように努めています。

 私もとうとうお爺さんになってしまいました。ことし春に結婚した娘に第一子が生まれました。11月19日の夜でした。この時は青葉台の自宅に居りましたので、20日の土曜日に初対面に行ってきました。小さい実に小さい、最も娘のお腹の中にいたのだから大きいと出るのが大事になってしまいます。小さく生んで大きく育てる。娘は未熟児の1650gで出てきてしまい1ヶ月ほど保育器の中で育ちました。それに比べ初孫は倍以上の大きさでした。お正月までいる予定なので年末から賑やかだと思われます。両親が亡くなってそれぞれ10年と7年が過ぎましたが、姻戚関係が増えるのはとて嬉しい気持ちになります。娘にはあと二人くらいは生んで、少子化対策に貢献して欲しいと思いますが、生むのは大変苦しいようです。息子があと二人おりますので数年後は楽しみが深まります。

 広野工場の従業員は割りと早く結婚しています。もちろん40歳くらいでも独身者はおります。いわゆる“出来ちゃった婚”で子供が出来て結婚するケースがこちらでは多いように見受けられます。以前に新卒で3人の女子高校生を採用しましたが1年以内に3人とも例の件で退職してしまいました。それから新卒の高校生は採用しない事に決めました。

 電子回路経営改善協議会、電子回路基板地域部会に参加しました。武蔵小杉から湘南新宿ライナーで何と新宿まで18分驚くべき速さでした。議題は“電子回路産業における成長戦略の策定について”、“各社の動向”など。製造業は殆どの分野で海外シフトや国内での成長鈍化によりジリ貧状態にあり、それをどの様に打開するか。全体として答えのない案件です。

 リーマンショックから2年がたち新しい年に希望はあるのか?
“あります!!” みなさま良い年をお迎え下さい。