◆ 2007年09月   夏休み研修生と一緒

矢浪 裕志

 梅雨明けと同時に猛暑の日々、冷夏だと言ったのは誰ですか。『責任とって下さい』といっても始まりません。暑い夏を楽しみましょう。それにしても暑い、確かに温暖化しています。7月後半の夏休みは家族がばらばらで何とはなしに終わってしまった。お盆の夏休みは研修生を横浜の自宅に連れて帰った。5日間もアパートいるのじゃ堪らないだろうと、12日に常磐道を帰省客とは逆方向に気分よく走った。ハーさんが乗り物に弱く、気持ちが悪くなり、戻してしまった。キーさんはそんな事はなく、平気でいた。聞いてみるとベトナムでオートバイに乗っていたので、くるまの振動にも慣れているのだろう。そういえば、最近の子供は、産まれてからずうっとくるまに乗るのがふつうだから、乗り物に酔うことが殆どないのだろう。生まれてからどれだけ乗り物に乗って振動を蓄積したかで、乗り物酔いが決まるのでしょうか。2人を比べるとそんな思いがします。インターネットで探して『みなとぶらりチケットワイド』を買った。地下鉄の新横浜から始まり地下鉄と市営バスが1日乗り放題で550円。桜木町から『あかいくつ号』レトロ調の周遊バスに乗った。このバスは1時間に1回の割りで、ボランティアガイドが乗って、観光ガイドをしてくれる。2度、生のガイドに当たった。ここから港の見える丘公園まで観光地を巡って回る。1回乗るのはいまどき100円。お盆の休み中なので結構込んでいて、最初に赤レンガ倉庫で降りたが、ここは小物雑貨などを中心にしたいわゆるファンシーショップになっている。まるっきり買う気にならないおじさんですが、思っていたより客は入っていました。次のバスまで、冷房の効いた部屋からガラス越しにバスが来るのを待ちました。次にきたバスで中華街へ行きました。ぐったりとばてましたという様な、観光客が行きかっています。こちらも時々お店に入って、涼まらないと同じ顔になってしまいます。ちょうどいい時間なので昼食に、炒飯のランチを4人同じものを食べました。内は涼しい。バスに乗って終点の港の見える丘公園へ行きました。ここまではなかなか来ません。20年ほど来ていないかなあ。昔見た風景より見栄えが悪くなった気がします。港までの地べたにごった返したように、建造物が所狭しと重なり合って、ベイブリッジとの相性が悪く見えました。早々と退散して山下公園まで歩きました。こんな近道があったんだ。500Mと書いてありました。日陰がないと暑い、『適時水分補給をしなくちゃ』。と飲み物を買う。

 ランドマークは何回も通りましたがエレベーターに乗って69階まで行ったのは今回が初めてです。仕事の途中であまりにも天気が良くても、独りじゃ行く気も起こらない。横浜見物なら格好の思い出になりそう。5分ほど待って高速のエレベーターに乗った。飛行機の離陸のように耳が痛い。敏感なハーさんは耳を押さえていた。私はもう慣れて大丈夫だった、『わおー眺めがいい』、『天気がいい』展望台を左回りに見ていったが、富士山は雲に隠れて見えなかった。残念!

 8月25日小名浜の薄磯海岸へ日の出を撮りに行ってきました。ここはいわきで最も有名な海水浴場でシーズンが始まると必ずここでの海開きの様子がテレビで映されます。今はシーズンが終わって、海の家も既に無くなっていました。辛うじて土台だけが残されていました。いわきのギャルの水着姿が見たかった。残念!