ご挨拶 2018年07月

sacho

 7月に入り、当社は51期を迎えました。先日、今期の経営方針を発表してきました。今回は外部の機関の方に経営指針の作成を手伝ってもらい、数値目標やスケジュール等具体的にかつ計画的に作成できたと思います。今期は改めて各人の役割を見直したり、新たな役割を付与してみたりと、社内的にいくつかの変化をつけました。前期は思うように売上が上がらなかったこともありますので、今期は少し変化をつけて、違った形でいい方向性を見出していきたいと思います。

 さて、W杯では日本がベルギーに惜しくも敗れてしまいました。2点を先行した時点で勝利は間違いないと思って見ていましたが、世界の壁が高いものだと改めて感じました。

 本田選手は今年で代表引退を宣言しておりますが、本田選手の人間性には感服致します。連日の報道では勝てば官軍、負ければ賊軍であるように扱われていますが、そのような中で、本田選手の「割と叩かれることに感謝している、楽しんでいる。けど、そうじゃない人もいるから」と発言しました。自分は何言われてもいいけど、そうじゃない人もいるからと種々の批判からかばうような発言がありました。批判をわが身一身に浴びて受け止めるというのは仕事上でも上司や先輩のように上に立つ人の資質だと思います。このようなことを言える本田選手は皆から尊敬されて信頼されているのだろうと思いました。サッカー選手としてだけではなく、人としても本当に見習いたい人物だと思います。

矢浪 興造