ご挨拶 2021年1月

sacho

 新年あけましておめでとうございます。さて、年も明け、新型コロナウイルスの発生からほぼ1年が経とうというところですが、未だ新型コロナウイルスは猛威を振るっております。1年という長い期間の間に、日常の中でテレワーク、在宅勤務、マスクや消毒等これまでになかった新たな生活が当たり前になってきた印象です。新型コロナウイルスの蔓延がこれだけ長引き、収束が見えてきていないため、これまでは暫定的・一時的な対応として行われていた事項については今後、恒常的な方向にシフトせざるを得ないものになってきます。そのため、テレワークはもちろん、研修や講義、習い事等はオンライン○○という括りの中で広がっていくものと思います。また、人と人との接触を避けることが必要になるので、非対面のレジの無人化や電子決済などから始まり、ロボットやドローンの使用、ARやVRの活用、疑似対面のソフトやハードの進化等々挙げればたくさん出てきます。新型コロナウイルスの影響でIT化が進むと言われておりましたが、とにかくいろんなものが出てきて、変化が早いと感じます。

 同時に、変化は周りの環境だけでなく人と人の対面が制限され分断されてしまうため、この先個人の時代になっていき、個人にも大きな変化が求められものと思います。すでにオンライン化が加速され、いつでもどこでもネットワークでつながり、日本はもとより国境を越えて世界中の人ともつながる土台が出来上がりつつあります。働き方も変わり、今や企業同士の出向や副業も推進され、個人の実力次第で好きなように働けるようになるものと思います。ある意味で縛られず自由な生活や生き方ができる様になりますが、個人としての実力と責任は大きくなってくるものと思います。そういった意味では厳しい環境にはなりますが、好きに出来るため、充実した人生は送れるようになる可能性があるので、考えようによっては面白いのではないかと思います。

 さて、今年は変化が多い年になるのは疑いの余地がありませんが、当社としても来年に向けて大きく変化できたという事実が必要になってきます。プリント基板を製作している会社という括りから脱却して、問題解決型の企業として、プリント基板に限らず挑戦していく所存です。例えば、社内で加工できること、利用できそうな材料、通常の工程順序や設備の変更、これまでにやったことはないけど、利用できる、論理的に考えればできる等のプリント基板製造の固定観念をとっぱらって新しいことに取り組んでいきます。今年は弊社としても困っている・悩んでいるお客様に対して「できる様にやる」や「‟できること・実現させること“の価値」を提供していきたいと考えていますので、本年もよろしくお願い致します。

矢浪 興造