◆ 2021年1月 2021年新年

矢浪 裕志

 暮れになってGo To トラベルが一時中止になりました。毎日のように曜日新記録、1日の感染者数の更新が続き、報道や専門家会議の言い分をこれ以上聞き延ばすことが出来なくなったのでしょう。それでも因果関係は証明されていないと言い張っています。1月の27日から29日までの2泊3日で“憧れのグランクラスに乗車5つ星の宿当社Sクラスホテルオールインクルージングホテルで過ごす3日間”というコースに行く予定でしたが、キャンセルすることにしました。国の代表と都道府県の知事と綱引きで都道府県の知事がマスコミを後ろ盾として寄り切った感があります。いずれにせよ不要不急の外出自粛や経済を止めて、代わりに各個人や、企業に配る協力金が際限なく続いていけば、大前研一氏が『 大前研一 ニュースの視点 』で書いているように現状、日銀がETFを買い、株を買い、国債まで買いまくって、このような厳しい現実を隠しながら抱え込んでいます。しかし、日本人は国民が危機感を持っていません。日本の国債は、米国などのように他国が買っているわけではないので危険性はそこまで高くない、という意見もあります。たしかに他国が保有する日本国債の割合は高くありませんが、いざ投げ売りしようと思えば、レバレッジをかけることができるので、決して安全とは言えません。我々各自が考えてその時の備えをしておいて、後悔しないように対策を講じてほしいと思います。

 今年も太陽に恵まれて始まりました。ここ何年かはTV放送で日の出を拝んでいます。大抵はヘリコプターから放映するので、地上が雲に覆われても日の出は拝めます。3日に我が家の新年会を行いましたが、通常というわけにいかず姉と弟は挨拶とお年賀を置いてお茶だけ飲んで帰りました。娘が今年は無しよと言っていて、子供を連れて挨拶に来ませんでした。電話もなく薄情なことでした。時間だけは過ぎていくので空しく感じることもあります。 

 今年は年末も年始も挨拶に来る業者も、人も殆どなく年始は工場で始めました。5日は雇用調整日にして6日から仕事を始め、土曜日に経営達成会議を開催しました。営業的な数字は軒並み未達で決算までに達成できる見込みもありません。宿泊や飲食と比べられるわけではありませんが、じわじわと数字の現状が身に染みてきます。

 1月12日は朝から雪が降りました。部屋を出たのは早かったので、道は積もっていませんでした。広野工場に着いた頃はうっすらと白くなっていました。このまま積雪が多くなると帰れなくなると一瞬脳裏をかすめました。朝礼の時間には止んだので外ですることにしましたが、グチャクチャの溶けだした雪の上では足元から寒さが身に染みました。帰るころには道路の雪はありませんでした。ところが夕方には雨が降り翌日の朝は道路が凍結して、渋滞になり遅刻者が続出しました。危なかった未だにタイヤはそのままで走っているので。

 今年は1年延ばしたオリンピックの年に当たりますが、関係者は開催したい気持ちがあるのでしょうが、どう考えても無理過ぎると思います。選手にすればその日のために労力を最大限作ってくるのでしょうが、耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで延ばすしかないと思います。3月過ぎにははっきりするようですが。

 どうなる2021年。唯一良くなると思われるのは日本の株価、世界の株価のようです。1年後をお楽しみに、本年もよろしくお願いいたします。

広野商工会
広野商工会
千葉顧問の本格そば打ち
千葉顧問の本格そば打ち
そば断裁
そば断裁
少し早い年越しそば
少し早い年越しそば
TV中継のダイヤモンド富士初日の出
TV中継のダイヤモンド富士初日の出
2021年コロナ禍の新年会
2021年コロナ禍の新年会
経営計画達成会議
経営計画達成会議
1月12日の雪景色 (2)
1月12日の雪景色
その日の朝礼 (2)
その日の朝礼