ご挨拶 2022年4月

sacho

さて、4月に入りました。さて、先月は福島県では大きな地震に見舞われました。私自身も福島県におり、丁度寝ようとしていたところでしたが、かなりの揺れと長い時間であったため、「これはまずい、また東日本大震災に匹敵するくらいの地震がくるのか?」ととても焦ってしまいました。当社工場よりも北のエリアはこちらよりもさらに被害があったものと聞いていますが、大きめの地震が年に1回くらいは発生するようになってきており、より災害に対する意識というものは高めていかなければならないと感じます。

さて、今期も残すところ、後3か月となりました。少しずつ景気も回復してきており、現状では何とか営業利益が出ております。先日、4半期に1度の達成会議が行われ、現在の目標に対する進捗と今後の方向性を改めて確認し、目標達成に向けた活動をしていくことを誓いました。コロナ発生から2年以上が経ち、日々の生活や働き方、新しいもの・サービスなどたくさん生まれ、新陳代謝が進んでいると感じます。今期ももう少しで終わりですが、お客様への課題解決を少しでも増やし、プリント電子研究所としてさらに社会に貢献し、そして日本全体の経済活動へ少しでも寄与できればと思っておりますので、あらためて、従業員ともども頑張っていきたいと思います。

                                                                                                                         矢浪 興造