◆ 2014年11月  台湾ビジネス商談ツァー

千葉 正広

史上最大と言われた台風18号。その台風一過、素晴らしい秋晴れの10/7(火)羽田を飛び立ち、台湾松山空港に降り立ちました。
今回はいわき産学官主催の台湾ビジネス商談会に行ってきましたので、簡単に紹介します。
台湾は実に親日国家で、どこへ行っても親切に対応してくれました。
他の東南アジアの国々と同様、熱気があり、日本との商談も非常に積極的でした。
台湾は九州程の大きさに人口2,330万人程の国です。
通貨は台湾ドルで3.7円/1ドルです。
台湾内のマーケット規模が大きくないことから、貿易依存度が高く、国際的な景気に経済が影響され易い傾向があります。
貿易品目は中でも半導体、PC関連製品が含まれる電子製品のシェアが最も大きいようです。
私たちは台北市で商談会を行ったのですが、台湾企業の方は本当に積極的でした。
市内の移動は鉄道とタクシーを利用したのですが、タクシーは本当に安いと思います。
鉄道も整備されて交通網もしっかりしているのですが、そういう意味でタクシーは便利です。
当社は材料会社、製造受託量産会社など5社と商談会を行いましたが、情報交換なども含めて、有意義な商談会でありました。
またアルバイトに来ていた大学生の人達とも話をしたのですが、向学心も強く今後の成長を強く感じました。

思わぬアクシデントもありました。
帰りの飛行機が松山空港を出発して1時間程で、エンジントラブルを起こし、沖縄に近いところから、松山空港に引き返しました。
結局、その日は帰れず、翌日しかも午後4時発の飛行機で帰ってきました。
しかしそのお陰で、台湾(台北市)の4大外国人観光地といわれるところを全て見てくることが出来ました。
台北101(超高層ビル)は夜、行きました。
地上101階、地下5階、高さ509.2m、展望台は89階(高さ地上382.2m)で展望台から見る夜景は、香港の100万ドルの夜景に負けず劣らぬものでした。

故宮博物院は台湾の最大の国立博物館で、696,000個以上の古代中国の人工品、および美術品を所蔵しています。ほとんどの収集物は中国の古代の皇帝によって集められた高品質なものです。代表的な所蔵品は翠玉白菜で半分が白、半分が緑のヒスイ輝石で、手のひらよりやや大きい位であるが、白菜の形に彫刻されており、葉の上にはバッタとキリギリスが彫刻されております。バッタとキリギリスは多産の象徴、白い白菜は純潔の象徴とされているそうです。
私はお土産にこの白菜がついたスプーンを買ってきました。

中世記念堂は、台湾の初代総統である蒋介石を顕彰している記念堂です。
中世とは蒋介石の本名で、メインフロアの奥には蒋介石の銅像が設置されており、銅像の上部には基本政治理念である三民主義の本質「論理・民主・科学」が記されています。
儀仗隊が1時間交代で警護をしていますが、この間少しも動かず、まるで人形のようです。私は最初人間が立っているとは思いませんでした。相当な訓練をしているのでしょう。儀仗隊交代式は台湾観光の名物となっています。

龍山寺は朝、行きました。
読経が始まっており、ものすごい人で賑わっていました。
本尊は観世音菩薩であるが、現在は道教や儒教など様々な宗教と習合しているようです。
関帝(三国志で知られる関羽)も祀られており、パワースポットとして知られています。
私はイミテーションのブレスレットを買ってきました。またパワーアップの予感がします。

今回、感じたのは台湾も決して景気はよくありませんが、みんな必死で頑張っていこうとする空気を感じたことです。
また日本の良さも再発見した商談会でした。
10/26(日)福島県知事選挙があり、大方の予想通り現副知事の内堀雅雄氏が圧勝しました。大いにリーダシップを発揮して欲しいと願っています。

さて11月に入り、我が家の庭樹も色づいてまいりました。
3連休の初日、11/1(土)に姪の結婚式がありました。
2人の新しい門出に、末長い幸せを祈りました。

この11月、下旬にはベトナム商談ツァーに行く予定です。
晩秋に向かい、公私ともに益々忙しくなりそうです。
健康に留意して、もう一肌脱いでいこうと思います。
感謝をこめて。

2014-11-1