◆ 2008年02月   寒い朝

矢浪 裕志

 ちらちらと降る雪は何度かありました。関東ではほんの数時間積もったように聞いております。広野工場では残念ながらそれはありません。これから降って積もるかも知れませんが。この3年間スタッドレスタイヤを掃いているのですが、その感触を確かめておりません。確かめてみたい気持ちは多いにあるのですが、無いほうが市民生活においては快適に過ごせるので、ないものねだりなのでしょう。去年の今頃は暖冬だったと記憶しています。四倉の家では雪こそ積もりませんが朝晩はとても寒い。ファンヒーターを付けている時は良いのですが消すと暫くすると寒くなる。窓ガラスにペアサッシが取り付けていないのと、断熱材で覆われていないからだと思われます。CO2削減の決め手はこれではないでしょうか。特に家庭用は削減効果は大いにあると思われます。1昨年に建てた自宅は早朝でも15度以上の温度を保っています。最も寝るのが遅い子供が居る様なので実質4時間位なのでしょう。

 今年はどうやら衆議院の選挙があるのが前提に通常国会が開かれています。思うに首相を務めた方々がいまだに国会議員を続けていることが理解に苦しみます。米国の大統領や英国の首相などは勤め上げたら潔く1個人として行動しているようです。ところが、私の知る限り歴代の首相は細川・山村前首相以外未だにへばり付いています。小泉さんに力ずくで下ろされた中曽根さんは自分を処せなかった。すなわち晩節を汚したと言えます。羽田、海部、森、小泉、安倍さんらはいまだに国会議員として残っています。日本の最高権力を担って辞めたのだから、あとは1民間人として自分の人生を生きて欲しいと思います。その点で細川護煕前首相の生き方は後に続く政治家が見習って欲しいと思います。安倍晋三は自分の判断で首相の座を投げ出したのですから、国会議員も一緒に投げ出して辞めるべきでしょう。細川前首相を見習って悠々自適に自分の好きな事をやって静かに過ごすべきです。それが判断した人の結果責任の取り方だと思います。

 2月2日に広野工場から横浜に帰ってきました。今回は数ヶ月に一回の掃除の日になっていて、妻と一緒に帰ってきました。いわきあたりで雪が積もっている所がありました。中央インターから乗ったら雨だったり雪だったりしていましたが、柏あたりから本格的に雪が降り続いていて、車の上に10センチほど乗っけている車もありました。ここで初めてスタッドレスタイヤの威力が発揮されました。次の日はいつもより早く、6時半ごろ家を出ましたが、案の定事故の現場を2箇所で見かけました。会社に着いたのはいつもと同じ様に8時前でした。