◆ 2016年04月  年度成果発表を終え、タイを旅する

千葉 正広

桜が満開の時を迎えました。
今年は昨年よりも5日程早いそうです。
3月~4月にかけては子供たちにとっては入学、進級、卒業そして社会へと踏み出し、
我々会社人間には昇給・昇進辞令をもらって喜んだり、がっかりしたり、
転勤による移動あるいは転身など区切りの季節であり、あらたなスタート、新しい出会いの季節であります。
いろんな思いを込め、満開の桜は日本人の心を捉えて離しません。

先月は年度末ということで、いろいろありました。
特に震災から5年の節目ということもあり、震災そして復興絡みの行事イベントが数多く催されました。
広野町ではNHKのど自慢大会もあり、有名な芸能人も復興イベントを盛り上げていました。
当社も3/11(金)は14:46全員で東日本大震災の犠牲者に黙祷を捧げました。
私たちは今自分に出来ることに最善を尽くし、課題を克服し、一日も早い復興を願うものです。
3/23(水)は郡山市で災害対応ロボット「がんばっぺ一号」の成果報告会、
いわき市ラトブで放射性廃棄物処理技術研究会の成果報告会がありました。
同日に2つの報告発表会があったので、郡山の報告会には会長が、いわきの報告会には私が出席して発表しました。
ロボットが人工知能を持って活躍してくると、あと20年後には49%の仕事が
人間にとって代わって行う時代がやってくるというようなことも言われております。
当社はロボットの基板は「プリント電子研究所に」といわれるよう、この研究会を通して技術を磨いていければと思っております。
また、当社も関わっている放射性処理技術研究会では下水道の汚泥よりセシウムを除去した後、リン(P)を取り出し、
資源のリサイクルを進めていく事業化を目指して行くことを発表しました。出席者からは大きな関心が寄せられました。

弟が海外勤務をしていたので地理・案内も出来るということで、2年に一度の割合で、海外旅行に行っています。
3/25~3/29タイ・バンコクに行ってきました。
幸い兄弟夫婦が皆健康なので、4家族8人で毎回賑やかです。但しマナーはしっかり守っていますよ。
香港、シンガポール、ハワイと行ったので、今回はタイです。
研究会の発表も終わってホッとしてのタイミングだったので、短い期間ながらもタイを十分に満喫することができました。
その一部を記してみます。
タイは日本の1.4倍の国土に人口は約6,700万人で国王を敬い、敬虔な仏教徒の多い国です。
私は20年前に一度行っているのですが、見違えるほど垢抜けしていて思った以上に観光立国でした。そして親日的な国です。
バンコクは最大のショッピングゾーンであるサイアムエリア。バンコクを南北に貫いて流れるチャオプラヤー川に沿って
超高級ホテルが建ち並ぶリバーサイドエリア。
移動も便利で在住外国人が多く住む国際色豊かなスクンビットエリア。
昼はビジネスの中心地で夜はアジア有数の歓楽街になるシーロムエリアがあります。
便利な地下鉄(MRT)やスカイトレイン(BTS)で趣の異なるエリアを効率よくめぐることが出来ます。
私たちはチャオプラヤー川の雄大な景観が楽しめるリバーサイドエリアのロイヤルオーキッド・シェラトンホテルに宿泊しました。
あらかじめ綿密な計画を立てていたので、通常旅行会社のスケジュールより何倍かの観光をすることが出来ました。
羽田空港を深夜に出発し搭乗時間が7時間15分でしたが日本とタイの時差は2時間あるので、到着はタイ時間の朝6時まえです。

最初の日はアユタヤ時代の創建と伝わるバンコク最古の寺院。
巨大な黄金色の寝釈迦物のワット・ポー寺院見学。そこから歩いて10分、
王宮専用の寺院で「エメラルド色の仏像を祭っていることからエメラルド寺院」とも。
壮大な建築物が存在する敷地内には歴代の国王を祭る寺院があるワット・プラケオ&王宮を見学。
その壮大さと観光客の多さに圧倒。特に中国人の観光客が多数を占めている印象がありました。
昼はローズガーデンでビッフェ形式の昼食の後、象に乗ったりしてショータイムを楽しみました。
夜は川の眺めの素晴らしいホテル内の洗練されたレストラン・タラソングで伝統音楽の生演奏を聞きながら、タイ料理を楽しみました。
トムヤムクンは世界三大スープの一つで大変美味しいのですが、日本人にとっては好き嫌いがあるようです。
2日目は世界遺産のアユタヤ王朝遺跡とパンパイン宮殿を見学、昼食はチャオプラヤー川を下る船内でビッフェ料理を楽しみ、
船上から両岸の景観を楽しみました。

タイはコメの輸出大国で、貨物列車のように貨物船が数隻繋がって、川を往来していました。
コメを積んだ船は深く沈みながら進み、コメを降ろした空の船は、水面から高くせり出て走っているので、すぐわかります。
今年は水不足で不作だということです。
夜はサイアムニラミットにタクシーで直行、ビッフェレストランで会食、世界最大舞台劇の一つ、タイ舞踊ショーを鑑賞しました。
100以上の出演者と500以上のコスチュームで世界で最も先進的な技術を使用し見事な特殊効果を醸し出していました。
3日目はホテルから、およそ2時間半にあるバンコクの東南・タイランド湾に面した、なんと28万平方メートルの広大な果樹園に行きました。
果樹園フルーツ狩りツァーで南国フルーツ、タイ式サラダの食べ放題。マンゴー、ドリアン等食べ放題。
ドリアンは匂いが臭いとばかり思っていたのがウソみたい。マンゴーは流石にうまい。タイ式サラダは口から火が出そう。
ホテルに一旦帰ってシャワーを浴び、リバーシティーから夜のチャオプラヤー川へ。
宝石のような煌めくバンコクの夜景を楽しむディナークルーズ(グランドパール)。
ディナーはインターナショナルビッフェでタイ料理、ウェスタン料理、そして日本料理ありで、
船内ではライブ・ショー、タイ古典舞踊ありとエンターテイメントも充実していました。
何よりも船上からの煌めくような夜景、宝石のようなエメラルド寺院など心を奪われるほど素晴らしいものでした。

3/29多くの楽しい思い出を胸にスワンナプーム空港を後にしました。
海外に行ってみると日本の良さも再発見できます。
中でも日本人の繊細な気配り、心配りは世界に誇れるものです。
この時期、多くの外国人が桜を見に日本に観光に来るようです。
温かいおもてなしで迎えたいと思います。
そして海外旅行で充電したパワーをもって4月からの新しい課題にチャレンジしていきたい。

がんばっぺ号側面

がんばっぺ号側面

放射性廃棄物処理技術研究会発表会

放射性廃棄物処理技術研究会発表会

放射性廃棄物処理技術研究会発表会の打ち上げ

放射性廃棄物処理技術研究会発表会の打ち上げ

船上から見たワット・アルン

船上から見たワット・アルン

ワット・ポーの寝釈迦像

ワット・ポーの寝釈迦像

多くの人で賑わうエメラルド寺院

多くの人で賑わうエメラルド寺院

アユタヤ王朝の遺跡跡

アユタヤ王朝の遺跡跡

スコールの後チャオプラヤ川の船上で弟と

スコールの後チャオプラヤ川の船上で弟と

夕暮れのリバーサイドで

夕暮れのリバーサイドで

ディナークルーズ・グランドパール

ディナークルーズ・グランドパール

朝のチャオプラヤ川

朝のチャオプラヤ川

広野町二つ沼公園の桜

広野町二つ沼公園の桜

広野町役場前の桜

広野町役場前の桜

がんばっペ1号の試運転

がんばっペ1号の試運転