ご挨拶 2019年04月

sacho

 4月に入り、だいぶ暖かくなってきました。さて、4月1日には新たな元号が発表され、「令和」に決定しました。私自身元号が変わることは平成に続いて2回目の経験ですが、日本中がお祝いムードとなったことで、これからのスタートがよいものになるのではないかと感じられ楽しい気分になりました。

 先月マリナーズのイチロー選手が引退をしてしまいました。私自身イチロー選手の考え方に感銘を受けることも多く、その偉業と共に様々な名言が心に残っています。引退発表時のインタビューでは本当に野球が好きで、後悔がないくらいに努力してきたのだと感じられました。イチロー選手の安打を積み重ねていくように努力を積み重ねていく姿勢には感服させられると同時に、自分も頑張らなければならないというやる気をもらえます。これからどのような道を目指すかはわかりませんが、どんな形であれイチロー選手の考え方を伝え、繋いでいってもらいたいと思います。

 さて、今年に入り、全体的に景気が下がってきたと言われておりますが、全体として、これから少し上がってくるとも予想されています。当社として新しいお客様が徐々に増えていく中で、今年度は大型基板や長尺基板、多層フレキシブル基板等、難易度は高くなりますが、当社の特徴を活かした仕事ができていると思います。これは当社として、見積り段階から実現可能性がある方法を提案の上、製品に仕上げている結果だと考えており、最初に話を聞いた段階では実現性が低い製品であっても、製作の前段階での双方の譲れる点と譲れない点をすり合わせれば、実現性を高める方法はいくらでもあると思います。そのため、今後も双方で検討できる点を見いだしながら、種々の提案をしていくことでお客様の要望を実現していきたいと思います。

矢浪 興造