ご挨拶 2019年10月

sacho

 10月も半ばに入り、少しずつ涼しくなり、秋の様相を呈してきました。さて、今月から当社に2名のベトナムの技能実習生、19歳と25歳の女性が入社しました。若いのに考え方しっかりしているなと思いますし、そもそも国籍が違っており、その上国境を越えて遠い日本という国で働こう思う考え方はすごいなと思います。私がそのくらいの年の頃に違う国で働いてお金を稼ごうと考えていたただろうかと考えると感心させられます。そういった意味で彼女たちの貪欲さやストイックさを肌で感じることで、当社の従業員もいい意味でやる気を刺激され、全体にいい影響がでてくればいいと思っています。これから会社がいい方向に変わっていくことを今から楽しみにしています。

 さて、52期が始まって4半期が過ぎましたが、電子デバイス業界の景気は伸び悩んでいるなと感じています。とはいえ、IoTや5G等のまだまだ伸びる見込みのある業界はあります。今期はこのような部分での販路開拓を見据えて、産業交流展、マイクロウェーブ展といった展示会に出展します。今後当社として、お客様の要望の中でも特殊な製品や難しい製品に取り組み実現させていくことで、新規の販路開拓を行うことが重要なポイントであると考えています。

矢浪 興造