ご挨拶 2020年4月

sacho

 さて4月に入りましたが、今年は暖冬と言われていたこともあり、あまり雪は降りませんでした。ただ、3月の下旬に、積もるくらいの雪が降りましたので、子供も喜んでいました。今はコロナウイルスの影響で学校も休校となり、家にいるしかできない中ですが、こういうところで少しでも発散して活力を生み出してほしいと思いました。

 さて、現在は新型コロナウイルスが世界的に蔓延しており、ほぼ毎日この話題が取り上げられています。4月に入り更に切迫した状況になり、緊急事態宣言も発令されました。社内的にアルコール消毒やマスクの着用、密集しない等の一定の対策を行ってはおりますが、まだ収束するような段階ではないと思いますので、今後の対応を想定しておかなければならないと思っています。

 また、この影響を受けて、当社取引先がテレワークや不要不急の打ち合わせは禁止となる企業が多く、新たな開発・製造といった引き合いや注文が減ってきているというのが現状です。当社としてはものづくりのため、造るものがある場合にはどうしても現場は出社せざるを得ない状況です。そのため、当社でも在宅の仕組みや、どこにいても仕事ができる、または誰でも同じような仕事ができる仕組みを構築することは課題としてあると思います。また、このような仕組みができれば、今後は在宅勤務や有給の消化等での働きやすさの改善につながります。今は我慢の状況だと思っておりますが、できることが限られてしまう時期だからこそ、各々が最大限にできることを考える機会となり、新しい発想や改善が生まれやすくなることもあるかと思っております。収束するまでに社内の体制を今以上に向上させ、ロケットスタートがきれるように今を作り上げていきたいと思います。

矢浪 興造