ご挨拶 2021年7月

sacho

 当社7月に入り、54期を迎えました。先日は毎年恒例の経営指針発表が有りましたが、残念ながら今回もコロナウイルスの影響もあって広野町の公民館での開催となりました。前期については年明けから少しずつ上昇傾向になってきたとは言え、前半の売上が振るわず着地は満足のいくものではありませんでした。

 さて、今期の経営指針では10年計画に力を入れて作成しました。というのも今期経営指針を作るにあたってNRIの未来年表を読みました。2100年までの出来事、日本や世界の人口の推移、働き方の変化、デジタル経済、医療やインフラなどの発展など周りを取り巻く環境が劇的に変わっていくという予測には衝撃的でした。2100年までに起こることを考えれば、人、モノ、働き方、情報などとてつもなくいろんなものが変わります。だからこそこの先生きていくために、私や従業員もその変化に対応できるようなスキルや考え方を培っていかなければならないと強く感じました。これまで10年は長くて何も考えがつかないなと思っていたのですが、80年後までの年表を出されると不思議と10年は短くて、自分は何ができるかなと考えた時には短すぎると感じてしまいました。私が今の会社に入って10年が経ちますが、今年の1年はその10年に勝る以上の変化をさせていこうと考えています。まずは今年1年スピード感をもって変化していこうと思っていますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願い致します。

矢浪 興造